エモーションズ株式会社(KABEYA/カベヤ)

044-455-4403
HOME > 壁掛け事例
テレビ壁掛け金具カベヤ 壁掛け事例

流行りの2×4材専用器具、ディアウォールとLabrico(ラブリコ)を使ってみた!

お名前(イニシャル) 当店スタッフ様
購入商品 【WDY-117S】26-42型対応 テレビ壁掛け金具・LABRICO・2×4材セット <ウッディ>
使用したメーカー オススメ商品のご紹介ページです。
使用した機器名 オススメ商品のご紹介ページです。
機器詳細 弊社事務所
取り付けた場所 弊社事務所

いつも当店をご利用いただきありがとうございます!カベヤです。

テレビの壁掛けというとやはり「壁にネジを打ち込むのがいや」というご不安を多く聞きます。

賃貸だと尚更大きな穴をあけることができませんよね。

そのため最近ではツーバイフォー材を天井と床に突っ張らせることで柱を作り、

そこにテレビを壁掛けするスタイルが流行しています。

 

壁に直接テレビを壁掛けするわけではないので傷が付きませんし、専門的な知識もいらないので

女性でも簡単にDIYできて、テレビを壁掛けスタイルにすることができます。

 

2x4(ツーバイフォー材)を突っ張らせるための器具を探してみると

「ディアウォール」「Labrico(ラブリコ)」の二つが有名なようです。

 

 

まずは「ディアウォール」で2x4(ツーバイフォー材)を突っ張らせてみます。

ディアウォールはプラスチックの器具の中に突っ張る用のバネは内蔵されているような器具です。
さらに厚みが足りない場合はスペーサー(かさ増しパーツ)を入れて調整します。



床側も天井側も滑り止めがついています。フローリングなら効果的、弊社のようなカーペットのときは頼りないのかも?

ディアウォール自体はバネの入った金具のほうが153gと軽い感じです。(弊社の測り調べ)


バネが入ったほうが上にきます。2x4(ツーバイフォー材)に蓋をするように木材を立てます。上下どちらにもです。
ぎゅっと押し込んでみてください。

なるべく壁側に近づけて押し込んだほうがテレビを壁掛けする場合は断然良いです。

部屋の中心とかでは心もとないです。



しっかりどちらにも装着したら、壁側にしっかり近づけ、左右の軸のズレなどを調整します。
ぐらぐらが気になったら先ほどのスペーサーを頼りに突っ張りを強化します。もっと必要な場合は自分で木材などをスライスして入れるしかないかも。



これでしっかり柱が立ちました。ここまで女性一人で余裕で出来ます。

こうやって立てただけですが、棚とかどんどん追加してお部屋をコーディネートしたくなりますね。



次に「Labrico(ラブリコ)」で2x4(ツーバイフォー材)を突っ張らせてみます。



ラブリコはディアウォールとは違って、つまみでどんどん天井を押し上げて突っ張らせるタイプの器具になります。
正直こちらのほうが頼りになりそう!

 

この器具をツーバーフォー材の上下に取り付けることで柱を立てていきます。



こちらも同じように木材に蓋をするようにラブリコを設置します。



天井に沿うように設置をしたら、とりあえず柱を立てます。あとで天井側のねじを回して突っ張りを調整するので、 最初から天井と床の高さがなんとなく一緒になるように設置していきます。



突っ張りたい位置が決まったら、つまみを回してどんどん強化して設置が完了しました。

今回どちらも設置に使用してみての感想は、設置に関しては、ディアウォールのほうが短時間で設置できるけど、突っ張り強化が強いのはラブリコかな、と思いました。


そこで弊社では今回の実験の結果を踏まえ、

「ラブリコ」を採用して、
テレビ壁掛け金具と木材とのセット商品を販売開始しました!



【26-42型対応】テレビ壁掛け金具・LABRICO・2×4材セット <ウッディ>

3点セットの商品です。
木材に直接テレビの壁掛け金具を設置すれば、壁に穴を開けずにテレビ壁掛けが可能になります。
柱に下穴を開けたり、ねじを打ち込むために確実にドリルがあったほうが良いです。安価なドリルでもしっかり設置できます。
また、必ずテレビと専用のテレビ壁掛け金具はちゃんと取付けができるのか「適合確認」を行いましょう。(耐震実験済)

木材にテレビ壁掛け金具を設置する方法は商品ページに細かく記載させていただきました。詳細は是非商品ページを御覧ください。

もちろん大型テレビ用もご用意しております!

【37-65型対応】テレビ壁掛け金具・LABRICO・2×4材セット <ウッディ>

 

新着 壁掛け事例
  • 取り付け予定のTVから金具を選ぶ
ログイン
カートを見る

商品一覧

ページ上部へ