エモーションズ株式会社(KABEYA/カベヤ)

044-455-4403
HOME > スタッフブログ > テレビ壁掛け金具カベヤ コラム > 寝室で快適にテレビを楽しむためのポイント
テレビ壁掛け金具カベヤ コラム

寝室で快適にテレビを楽しむためのポイント

ひと昔前までは、テレビは一家に一台というのが一般的で、リビングルームに一台あるだけで充分だと考える方が多くいました。しかし、最近はテレビの価格が下がり、各部屋に一台テレビを置いているという方も多くなっています。
また、「まだテレビはリビングに一台だけだけど、できれば寝室にもテレビを設置したい」と考えている方も多いのではないでしょうか。
寝室にテレビを設置する際は、リビングに設置するときは少々異なったポイントを押さえなければいけません。テレビを観る姿勢が違うからです。

ここでは、寝室にテレビを設置したいと考えている方に向けて、寝室でテレビを快適に楽しむためのポイントをご紹介します。

テレビの高さに気を付ける

寝室は、読んで字のごとく、寝るための部屋です。リビングのように「ソファに座って観る」のではなく、「ベッドに寝転がって観る」ことを前提としてテレビを設置する必要があります。そう考えると、リビングに設置する場合よりも低い位置にしなくてはいけないと考えがちですが、そうではありません。
低すぎると逆に観にくくなるということを覚えておかないといけません。テレビが低すぎる位置にあると、寝ているときに頭をかなりもたげなければならず、首が疲れたり、肩こりの原因になったりするからです。
布団で寝ている場合は、一般的に、床からテレビの中心まで高さ100㎝くらいがちょうどいいと言われています。このくらいの場所にあると、寝転んだときに無理のない姿勢でテレビを楽しむことができます。

ベッドで寝ている場合は、ベッドの高さからプラス100㎝くらいを目安にするといいでしょう。

寝室のテレビこそ壁掛けがおすすめ

寝室は、一般的にリビングよりも面積が狭くなっています。中にはベッドを置いたら、あとは移動するだけのスペースしかない、という寝室もあるでしょう。
そのため、寝室に大きなテレビ台を設置することは難しく、また、テレビ台にテレビを置くと、前項で紹介したちょうどいい高さに設置することが難しくなります。

スペースを有効活用したり、高さを調節する際の自由が利いたりするのが、壁掛けテレビです。壁にテレビを設置するため場所も取りませんし、設置する場所もちょうどいいところを選ぶことができます。
壁掛けにする際には、若干テレビを下向きに傾けて設置するといいでしょう。寝転んで枕に頭を預けたときに、ちょうど目線の位置に画面が向いてくれるので、よりストレスなくテレビを楽しむことができますよ。

寝室のテレビこそ壁掛けがおすすめ

寝室にテレビを設置する際は、寝転んで観るのだということを意識しなくてはいけません。布団で寝る場合は床から100㎝の高さ、ベッドで寝る場合はベッドから100㎝の高さがちょうどいい高さの目安です。
寝室にテレビを設置しようと検討中の方はここで紹介したことを参考にしてみてください。


  • 取り付け予定のTVから金具を選ぶ
ログイン
カートを見る

商品一覧

ページ上部へ