エモーションズ株式会社(KABEYA/カベヤ)

044-455-4403
HOME > スタッフブログ > テレビ壁掛け金具カベヤ コラム > 窓とのベストな位置関係は? テレビ配置のポイント
テレビ壁掛け金具カベヤ コラム

窓とのベストな位置関係は? テレビ配置のポイント

窓とのベストな位置関係は? テレビ配置のポイント

テレビは部屋の中でも視線を集めるもの。テレビを設置する位置によって部屋の印象が変わるのはもちろん、視聴のしやすさも大きく変わってきます。
室内のテレビの設置位置は、間取りや部屋の用途、コンセント位置などとの兼ね合いで決めていくことになりますが、忘れずに注目したいのが窓や照明器具との位置関係です。
ここでは、主に「映り込み」に注目したテレビ配置のポイントをご紹介します。

テレビ画面への「映り込み」は悪影響がいっぱい

テレビを観ていて、画面に光が反射したり室内の様子が映り込んだりして見づらく感じたことはないでしょうか?
明るい場面が多いバラエティ番組などでは目立ちませんが、画面が暗くなることの多い映画やドラマなどの視聴中は、画面への「映り込み」が気になりやすいものです。
最近では映り込みを抑える工夫がされた液晶テレビも増えていますが、一方で映像の鮮やかさを引き出すためにツヤのある画面を採用したテレビも多く、そうしたテレビには反射しやすいものも少なくありません。
単純に見づらいのはもちろん、映画などの世界に入り込んでいるときに、窓の光や部屋の風景が映り込んだのでは、そのたびに現実に引き戻されて作品に集中しづらくなってしまいますよね。また、無意識に映像と映り込みにピントを合わせることを繰り返すことになるため目への負担も大きく、目が疲れやすくなってしまいます。
テレビで映画やドラマなどをよく観るという方は特に、できるだけ映り込みの少ないテレビ配置にすることをおすすめします。

映り込みを抑えるためのテレビ配置のポイント

・窓とテレビの位置関係は「垂直」が理想的

映り込みを抑えるという観点からテレビの配置を考えた場合、特に避けたいのは窓と向き合う位置にテレビを配置することです。視聴する際に窓を背にして座ることになるため、窓からの光や外の景色などが真正面からテレビに映り込んでしまいます。一方、窓とテレビが同じ向き(窓を背にテレビを置く形)に配置すると、逆光になるため映り込みは起こらないものの別の意味で見づらい状態に。理想はテレビと窓が垂直になる配置です。ただしこの場合も時間帯によっては窓からの外光が映り込むため、視聴中はカーテンなどで外光を少なくする工夫を合わせて取り入れることをおすすめします。

・照明と視聴位置の関係にも注意する

夜は窓からの外光による映り込みはありませんが、室内の照明による映り込みが起こりやすくなります。天井の照明を灯したままテレビを視聴するのであれば、照明の光が反射して目に入りやすくなる位置、つまりテレビ画面を見上げる形での視聴を避けるのがおすすめです。テレビ画面と目の高さが同じぐらいか見下ろす形であれば、天井の照明の映り込みは起こりません。合わせて、視聴中は照明を消したり明るさを調節して抑えたりするのも効果的な映り込み対策となります。

窓とのベストな位置関係は? テレビ配置のポイント

快適な視聴環境を作るには、映り込みの起こりにくい配置を工夫するのも大切です。お伝えしたポイントを参考に、テレビとソファなどのベストなレイアウトを見つけてみてください。


  • 取り付け予定のTVから金具を選ぶ
ログイン
カートを見る

商品一覧

ページ上部へ