ホーム>安心・安全・実績ページ

安心・安全・実績ページ

テレビ壁掛け専門店 KABEYA

テレビ壁掛け金具は安心・安全・実績のカベヤで

 

カベヤはここがちがいます

経験豊富なスタッフが、テレビ壁掛け金具・テレビ天吊り金具の疑問にしっかりお答えします。
壁寄せテレビスタンドや工事不要のポールシステムで、賃貸物件にお住まいの方もテレビをスッキリ収納。
また価格も低価格帯に抑え、トータル品質でのお求め安さを追求しています。

 

カベヤの壁掛け金具は

  • 安心
  • 安全
  • 実績

安心

3年の安心保証

保障期間中の3年間は、同等商品との交換に対応しております。

弊社金具には3年間の保証が付いております。
また、壁掛け風テレビラックには1年保証が付いております。

3年保証
対象商品
壁掛け金具・天吊り金具・プロジェクター金具
保証内容
  • 金具自体の瑕疵により使用自体が困難な状態に陥った場合。
  • 保証はお客様に商品が届いた日より3年間。
     

例:2013年1月1日に商品が届いた場合 → 2015年12月31日まで保証期間
原則的には同商品および同等商品との交換対応となりますが、 同商品および同等商品が弊社に無い場合は返金対応をさせていただきます。

1年保証
対象商品
壁寄せテレビスタンド・業務用テレビスタンド
保証内容
  • テレビスタンド自体の瑕疵により使用自体が困難な状態に陥った場合。
  • 保証はお客様に商品が届いた日より1年間。
     

例:2013年1月1日に商品が届いた場合 → 2013年12月31日まで保証期間
原則的には同商品および同等商品との交換対応となりますが、 同商品および同等商品が弊社に無い場合は返金対応をさせていただきます。

image
  • 納品書が保証書の代わりとなります。納品書を紛失された場合は保証の適応外となります。
  • 火災および自然災害による変形等は適応されません。
  • 金具以外の問題で使用が困難になった場合は適応外となります。
  • テレビを買い替える場合、買い替えた際にテレビが適合外のものだった場合
  • 取り付け壁の問題で使用が困難になった場合
  • 金具に必要以上の負荷をかけるなど、故意に金具を使用が困難な状態にさせた場合
  • その他、金具以外の問題で使用が困難となった場合

 

返品保証有り

弊社の条件をクリアしておりましたら、返品にも対応します。

以下の条件で、テレビとの適合が悪く、お取付できなかった場合は返品保証がございます。

返品保証が適応される条件

  • 金具購入時に取り付けるテレビのメーカー/型番を備考欄に記載している事→にも関わらず、取り付けが出来なかった場合
  • 弊社にテレビと金具が適合するか問合せをし、取り付け可能の返答をしている事、かつその旨を金具購入時に備考欄に記載している事→にも関わらず、取り付けが出来なかった場合
  • 弊社が公開している金具適合表を確認し、取り付け可能となっている事、かつ金具購入時に取り付けるテレビのメーカー/型番を備考欄に記載している事→金具適合表で確認し、備考欄にも取り付けるテレビのメーカー/型番を記載したにも関わらず 取り付けが出来なかった場合

以下の場合は返品保証の対象外となります

  • 金具購入時に取り付けるテレビのメーカー/品番を備考欄に記載していなかった
  • 弊社に問合せをして取り付け可能と言われたが、その旨を備考欄に記載していなかった
  • 金具適合表で確認をして取り付け可能だったが、金具購入時に取り付けるテレビのメーカー/型番を 記載していなかった
  • その他お客様都合(イメージと違った、予想より重かった、いらなくなった、等)

返品保証適応時の流れ

万が一テレビが取り付けできなかった場合は、その旨を弊社までメール・お電話でご連絡ください。
その後、弊社が購入時の条件を満たしているか確認し、確認が取れ次第返品の方法をご連絡致します。

 

 

PL保険に加入

最高3億円のPL(生産物賠償責任)保険に加入しています。

弊社が販売する金具には、全て最高3億円のPL(生産物賠償責任)保険が付加されていますので、万が一の事故に対しても安心感が違います。

PL保険の対象は以下の場合になります。

  • 金具本体の不備によって生じた問題
  • 金具本体の強度の問題により、本来取り付け可能であるテレビを取り付けて使用中に金具本体が破損し、テレビが落下してしまった、また、それにより怪我を負った。
  • 金具本体の不備の問題により、本来しっかりと固定されるはずのテレビが落下してしまった。
  • その他、金具本体の不備などの起因によって生じた問題

以下の場合はLP保険の対象外となります

  • 金具本体の不備以外によって生じた問題
  • 壁の強度が弱く、壁ごと落下した(壁によって生じた問題)
  • 本来取り付け不可のテレビを取り付け、テレビや金具が破損した
  • 本来取り付け不可の場所に金具を設置し、テレビや金具・壁が破損した
  • 地震などの自然災害による破損・落下
  • その他、金具が起因ではない問題

 


安全

牽引検査実施済み

公的機関の牽引検査を実施し、確かな品質を実証済みです。

公的機関(地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター、財団法人神奈川科学技術アカデミー)による牽引検査を実施し、確かな品質を実証済みです。

image

■試験結果図左上:
対象金具-PLB-117MB 
最大引張荷重:208.23kg(2.04kN)
■試験結果図右上:
対象金具-LCD-113  
最大引張荷重:744.59kg(7.30kN)
■試験結果図左下:
対象金具-LCD-300  
最大引張荷重:282.61kg(2.77kN)
■試験結果図右下:
対象金具-CPLB-102M 
最大引張荷重:1031.65kg(10.11kN)

※この検査は、耐加重検査結果であり、地震等の災害・事故による対落下保障を行うものではありません。
※地震対策として行う場合は、家屋についての専門知識のある施工業者に取付けを依頼することを強くお勧めします。

 

7年間落下0件!

販売開始以降、落下報告が0件です。当社調べ

販売開始以降7年間、お客様からの落下報告は0件。

当社への報告件数となりますが、壁掛け・天吊りでの落下報告が0件という数字は、間違いない安全性の証明と考えております。
公的機関の牽引検査を実施することで目に見える安全性と、落下報告0件という数字の実績をご参考頂きご購入をご検討下さい。

 

地震に強い!

東北地方震災でも金具の破損報告は0件。当社調べ

テレビ壁掛け金具は、テレビが壁に固定されていますので、地震の時にも比較的安全です。

image

地震が起きた際に、屋内での危険は何でしょうか?ご存知の方も多いと思いますが、家具の転倒・落下は大変危険です。
大地震時の犠牲者の多くは、建物の中で転倒家具による圧死であるという報告もなされています。

大地震が起こった時には、色々な物が家の中を飛び交います。テレビも数メートル飛ぶことがあるそうです。

現在のテレビは、ブラウンから液晶・プラズマなどの薄型テレビが主流になってきていますが、薄型と言っても32型で15kg前後、50型以上となると30kg以上もあります。

タンスや本棚の転倒については比較的知られていますが、テレビも危険なのです。

image

テレビの転倒防止方法には様々ありますが、安全性が高いのはテレビを直接壁や天井に取り付けてしまう「壁掛け・天吊り」だと我々は考えています。

北米ではテレビの80%が壁掛けされており、ハリケーンなどの災害時には通常のテレビボードよりも落下や転倒の危険が少ないというデータも出ています。地震の多い日本こそ、壁掛けや天吊りがもっともっと増えて欲しいと思っています。

壁掛け金具イメージ通常、壁掛け・天吊りには、メーカーから発売されている各テレビに対応した金具を使用することが多いと思いますが、大変高価です。

 弊社のテレビ取付金具は、お求めやすい価格の上に、公的機関(財団法人神奈川科学技術アカデミー)による牽引検査を実施し、確かな品質を実証済みです。地震対策に、安全性の高い壁掛け・天吊り金具で液晶テレビをしっかり固定して下さい!

 


実績

 

販売実績6万台!

6万台以上の販売実績は、おそらく他社を圧倒しております。

テレビ金具専門店としてネットショップをオープンしてからの販売実績は6万台以上となります。

テレビ金具という馴染みの少ない商品ながら、専門店としての人材育成・安定した生産数の確保などの努力を進めて得た数字です。

 

公共機関導入数

諸官庁や医療機関などの公共機関でも多数ご使用頂いております。

弊社の壁掛け金具・天吊り金具は、諸官庁や医療機関など、公共施設へも多数設置されております。

公共機関の待合室や、医療機器の設置など、様々な用途に使われ、皆さんも一度は目にしたことがあるかと思います。
入札などで価格を重視される諸官庁や、安全面・衛生面などを重視される医療機関など、多数の公共機関でお使い頂いております。
低価格、安全性の双方を備えた商品を販売させて頂いております。

 

豊富な納入実績

一部上場企業への納品・大企業への定期的な納品実績がございます。

皆さんのほとんどが知っているような有名一部上場企業への納品実績もあり、また大企業(大手ショップや施工会社)へ定期的な納品も行っております。


特に法人の方は、安定した納品が可能かどうかを気になさると思いますが、在庫を十分に確保し可能な限り要望にお応え致します。まずは一度ご相談くださいませ。

ページ上部へ