ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

アームタイプの壁掛けテレビ画像

すこしブログ更新の間が空いてしまいましたが、スタッフはみんな元気でやっております。
壁掛けテレビの需要は増えていますので金具を求めるお客様も増えている現状です。

弊社は壁掛け金具の専門店として新しいニーズにこたえられる金具を販売できるよう
なるべくご期待に添えられるように頑張りたいと思います。

今年最初のブログは壁掛けテレビの画像キャンペーンに応募していただいた
お客様の画像をご紹介します!

2016523134052.jpg

神奈川県 NS様

超高品質シリーズの金具を使用していただきました。
テレビの裏で少しくらいですがアームの質感がやはりかっこいいです。
壁に寄せた時もとても薄くなるのでオススメの金具です。

部屋の端に壁掛けして内側に向けたい場合などはアーム以外の選択しはありません。
一本アームの金具は二本の金具より左右のふり幅の自由度が高いので
このような場所に壁掛け掛けテレビを設置する時にはアーム金具が最適です。

ご購入商品:超高品質金具 AE222

【新商品情報】パーテーションに取り付け可能のテレビ取付け金具 販売開始!

こんにちは。
テレビ壁掛け金具のKABEYAです。
新商品の情報をお届けします。

【新商品情報】パーテーションに取り付け可能のテレビ取付け金具 FC8888SP 販売開始!!
 

20164615318.jpg

コンパクトで使いやすく、設置も簡単なパーティションアーム金具です。
上下左右角度調節と水平調節、8段階の高さ調節が可能です。
取り付けにはボルトスルーで調節する為、厚み幅が30〜80mmのパーティションに取付け出来ます。
パーテーションの有効利用に最適な金具です。
商品ページへ
この機会に是非お買い求めください。

家電批評 4月号にエアーポール商品が掲載されました。

3月3日発売の家電批評に当店商品のエアーポール+スピーカー金具セット商品
AP-SWB101-1Sが掲載されました。

http://www.kabekake.jp/blog/upload-images/201637115356.jpg

http://www.kabekake.jp/blog/upload-images/201637115430.jpg

AP-SWB101-1S 購入ページへ

【新商品情報】スピーカーを突っ張り棒に設置できるセット商品の販売を開始しました!

こんにちは。
テレビ壁掛け金具のKABEYAです。
新商品の情報をお届けします。

【新商品情報】スピーカーを突っ張り棒で設置できるAP-SWB101-1S、AP-SWB101-2S販売開始しました!

 
人気のつっぱり棒商品のエアーポールに、BOSEスピーカーにも対応したスピーカー取付け金具をセットにした商品が登場しました!
工事が不要なので、取り外しや移動もスムーズに行えます。
 
エアーポールが1本のタイプと2本のタイプの2種類展開で販売いたします。

この機会に是非お買い求めください。


AP-SWB101-1S(1本タイプ)
AP-SWB101-2S(2本タイプ)

【新商品情報】移動式テレビスタンド CNH02 販売開始!!

こんにちは。
テレビ壁掛け金具のKABEYAです。
新商品の情報をお届けします。

【新商品情報】大容量収納の超高品質テレビスタンド 移動式テレビスタンド CNH02 販売開始!!

■POINT1
モニターを自由な角度や高さに調節出来る角度・高さ調節機能を備えています。
 
■POINT2
医療施設等で使用出来る様、CPUを格納出来るフロントケースやマウスパッドを搭載
もちろんワークディスクとしてもお使いいただけます。
またフロントケースにはキーロック機能が付いています。
 
■POINT3
ロック付きキャスターで移動もスムーズに出来ます。


この機会に是非お買い求めください。
商品ページへ

【重要】降雪・積雪による配送遅延について。

現在、降雪・積雪の影響により配送に遅延が発生している可能性がございます。
ご不便をおかけし大変申し訳ございません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。

テレビ壁掛け金具専門店カベヤです。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

1/4より通常営業を開始しておりますので、
お客様のご来店をお待ちしております。

今年もセールや商品の拡充などより一層
壁掛けテレビをしやすいお店づくりを目指してまいります。

新しい壁掛け写真をいただきました。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年も一年を通して壁掛けテレビを日本に広めるべく
精進してまいります!

今年のお正月はあまり正月感がないというか、
1/4にはもう雰囲気が普通に戻っている感じがしました。

若者の○○離れのように日本の正月離れが進んでいるのでしょうか。
核家族化が進んでいるので家族の伝統みたいなものは薄れていくのはしょうがないですね。

今年最初のブログは壁掛けテレビの画像キャンペーンに応募していただいた
お客様の画像をご紹介します!

2016114114927.jpg

東京都 MM様

高い位置の壁掛けテレビですね。
椅子に座って見たり、広い部屋で遠くからもテレビを見たいときはこれくらいの高さもいいかもしれません。

テレビの高さについて質問を受けることもおおいですが、お客様の視聴スタイルによって千差万別変わってくるので
一概にこの高さが正解ですとお答えできないのが心苦しいところです。

逆にいうとそこは自由なので、本当にお客様の好きな高さにするべきだと思います。
ただあまり高くしてしまうとクビが痛くなってしまいますが…。

金具もスッキリテレビの裏に隠れていますね。
アームタイプをご選択されたので、見る場所が変わった時も安心です。

こちらのお客様は最新のテレビを使用されたので、最初は当店の確認システムに載っていないテレビでした。
購入時に備考欄に記載していただいたので、弊社で確認を取り適合することがわかりました。

購入時に小さなことでも何かわからないことがあれば、事前にお問い合わせいただくか
備考欄にご記載していただければお調べいたします。

ご購入商品:スタイリッシュアーム金具 PRM-LT23D

【重要】冬季休業日のお知らせ

当店は2015年12月29日(火)~2016年1月3日(日)までの間は、誠に勝手ながら休業とさせていただきます。
※12/28日(月)は12時(正午)までの営業となります。
連休前に発送可能な最終受付は12月28日12時までに決済完了済のご注文です。
コンビニ・銀行振込・NP後払いの場合は12時までに確認済分のみ発送致します。
 
商品ページに「メーカー発注品」とある場合には、メーカーにより発送可能最終受付日が異なります。
お急ぎの場合や、到着日の指定がある場合は事前のお問合せをお願い致します。
 
休業期間中でもご注文は可能です。
2015年12月28日(月)12時~2016年1月3日(日)ご注文は自動配信メールのみの対応となります。1月4日(月)より順次出荷手配致します。
連休明けの交通渋滞などで配達日のご希望に添えない可能性もございますので、ご了承ください。
 
休業期間中の注文は楽天からの自動返信メールのみとなり、
当社からの受注確認メールは1月4日(月)より順次対応致します。
コンビニ払いの番号発行通知も1月4日(月)以降となります。
ご了承ください。

壁掛けテレビにも4Kテレビがオススメです!

次世代放送規格である4Kの放送は2014年からCSにて実験放送が開始されています。

現在の予想では、2020年の東京オリンピックの開催に合わせて4K放送が本格的に運用されることが予想されています。そんな4Kを映すことができるテレビのご紹介です。これまでの4倍の解像度で迫力ある画像を楽しむことができます。もちろん壁掛けにも最適です。

4Kの魅力はどこにある?

4K規格の魅力は解像度が従来のハイビジョンの4倍あることにあります。

ハイビジョン規格では、画素数が207万画素(1920×1080)でしたが、4Kでは、829万画素(3840×2160)となり、より高精細で細部までくっきりとした画像を楽しむことができます。東芝の4KテレビのREGZAでは、43インチからその画質を楽しむことができます。現在の放送はCSでの試験放送のみとなっていますが、今後2020年には一般的な規格になることが予想されています。また、現在では4Kに対応したブルーレイレコーダーなども販売されていますので、既に映画などはコンテンツも充実し始めていて、家庭内で業務用に劣らないほどの高画質が楽しめます。

4Kを生かすための優れた画質エンジン

東芝の43インチの4KテレビのREGZA、Z8Xシリーズには、「レグザエンジンCEVO4K」が搭載されています。

東芝が4Kの画像をより美しく楽しむために専用に開発したLSIです。「微細テクスチャー復元技術」では、よりクッキリ・はっきりした画像を楽しむことができ、「輝き復元技術」では、宝石などのシーンの光沢部分を検出して補正することにより、メリハリのある映像を得ることができます。「絵柄解析・再構成型超改造技術」では、画像の部分ごとでパターン解析を行うことにより、部分ごとで最良の先鋭度を実現することにより、疲れない画質で画像を楽しむことができます。また、モスキートノイズ対策も施すことにより、より細部までくっきりとした画像が楽しめます。

滑らかな動きを再現する4Kアクティブスキャン240

東芝のREGZAシリーズの43インチの4Kテレビである、Z8Xシリーズには、「4Kアクティブスキャン240」機能を搭載しています。

通常のハイビジョンや、4Kのオリジナル信号では60サイクルであるため、毎秒60コマの画像が紙芝居のように入れ替わることにより動画を再現しています。4Kほどの解像度になると、解像感が高いため、動いている物体を表示したときに、ぶれたようなボケ感が発生します。REGZAでは、毎秒120コマの画像にすることによりボケ感を解消することに成功しています。増やしたコマはレグザエンジンCEVO4K内の回路により前後のコマから演算され、充実に再現されます。また、入力画像コンテンツが毎秒24コマのフィルムコンテンツの場合は、1枚の画像から新しい4コマを生成し、情報を5倍に増加させることにより、最高画質を実現しています。

綺麗な画像を楽しむなら4K

東芝のREGZAシリーズの43インチの4Kテレビである、Z8Xシリーズは、今後必ず主流になる4K信号を映すことができるテレビです。

既にCSでは試験放送も始まっていますし、4Kコンテンツやそれを再生するためのプレーヤーなども続々と登場していて、手に入れたその日からこれまでの解像度の4倍の解像度の、4Kワールドを楽しむことができます。

せっかくテレビを壁掛けするのであれば、最新の技術が搭載されたテレビを選びたいですね。

ページ上部へ